段ボール箱の中の本を整理してたら、見慣れない本というか、
読んだ記憶の無い本が出て来た。
二階堂 黎人の「聖アウスラ修道院の惨劇」これは当然ミステリなんですが、
謎解きってのに全く興味のない自分は、
もしや途中で放り出したのかもと読み始めてみたんですが、
案の定だらだらと説明の続く序盤でもう……。
謎は謎のままで良いじゃん等とおもっってしまうのは、
ミステリ読みの皆様に顰蹙を買う事請け合いですなぁ。
その謎を成り立たせてる人やら現象の美しさや悲しさの方に心惹かれてしまうオイラは、
楽しみと言えばどんでん返しはきれいにちゃぶ台をひっくり返していただきたいと思う位なのですよ。
んで、最近読んだミステリと言うと、西尾維新の「クビキリサイクル」がある、
まぁ、これは謎解きとしてはどうなんだろうと言うのが感想、
ただ、全て解決した後で、見事にちゃぶ台を見事にひっくり返してくれました、
しかも、ひっくり返ったちゃぶ台は実はリバーシブルで、
隠し部屋まで付いてた、なんて感じです。
実は、この戯れ言シリーズのとても重要な人物の登場がここ、
つまり、後日譚として全ての真実を見透す「人類最強の請負人」のお披露目をすることで、
「この人はすごい!」と言うシリーズ全般に対する伏線を張っている訳ですよ。
なんか一冊丸ごとこの事だけのために有るなんてことは……まさか。
でも、第一の殺人はただ2番目のための仕込み作業だったし……。(殺人事件のための殺人事件=メタ殺人事件)
∴この本一冊メタ伏線ってことか?
あぁ、こんな所にも謎が仕込んであった!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ