Image019
実際問題として古いマックの修理は必要なんだろうか?
まぁ、使わない機械は調子を落とすのは自明の理。
この場合壊れた部分が自分で何とかなる範囲ってのが条件なんだが、
直そうと思う、
ツウカ壊れた機械を後生大事に抱えてる、ってのもなんだかなぁって思うしね。
とにかく状況としてはこれ、液晶の抜けとか飛びなんてレベルでないのは一目瞭然。

Image021
換装用の液晶(LG.Philips製LCD)はジャンク品で購入した同機種のドンガラから抜いた物。
まずラップトップの背中から剥いてゆく、カバー四隅のネジは1.5mm6角レンチか、私の様にトルクスルドライバーのT6を使う。

Image022
ネジを4本抜いたらカバーをはずす。
10個程の爪で嵌合しているので、隙間に細めのマイナスドライバーを差し込んで丁寧にこじる。

Image023
ハイはずれました。

Image028
次は液晶自体です、四隅に横方向からささってるネジを外します、このネジで液晶を包むアルミの封をしているので丁寧に、ネジが小さいのでピンセットの用意をお勧めします。

Image029
この白いのが液晶背面でトップのアップルマークも、このバックライトで光る事に成ります。

Image030
コネクタを引っこ抜きます。

Image031
ヒンジ近くの電源コネクタも引っこ抜きます、このとき白いリードが手前ですよ覚えときましょう。

Image032
ハイ外れました。

Image033
じゃ逆の手順で別の液晶を取り付けていきます、リードを傷つけない様にね。
そしてアルミカバーは丁寧にはめ込んでいかないとです、はめ込み部分の折れや曲がりは液晶周りの膨らむ原因になり、閉じなくなったりします。
ではこの段階で一度電源を入れてみましょう。

Image034
祝!ふっかつです。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ